読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛媛観光案内!松山の歴史探放記

この道20年!松山ボランティア観光ガイドが松山のおすすめスポットと裏話を発信します!

松山観光ガイドその27~四国名城松山城(11)紫竹門(しちくもん)、乾櫓(いぬいやぐら)、野原櫓(のはらやぐら)~

松山観光ボランティアガイド江藤です。

前回記事はこちら

ehimehistory.hatenablog.com

11.紫竹門(しちくもん)、乾櫓(いぬいやぐら)、野原櫓(のはらやぐら)

 

お客様のほとんどは直行で天守閣に登りますが、こちらにも見るべきものはあります。

紫竹門は門を入ったところに紫の竹の群生があり、この名がついています。ちょっとめずらしい紫の竹です。

f:id:ehimehistory:20170407222548j:plain

 

f:id:ehimehistory:20170407222631j:plain

紫竹(しちく)です。

 

 

ここから白塀が続いていますが、穴があいていますね。これは分かりますよね。そうです鉄砲を撃つ穴です。

縦長の穴は矢を打つ穴で、小さな穴が鉄砲を撃つ穴でそれぞれ矢狭間、鉄砲狭間といいます。

f:id:ehimehistory:20170407222728j:plain

 

一人づつこの穴を受け持って鉄砲で狙ってみて下さい。

f:id:ehimehistory:20170407222758j:plain

 

さらにここには石落としも作りこんであります。敵が大勢この石垣を登り始めたら石落としの板をはいで、水路になっているこの石をはずして落そうという計画です。

f:id:ehimehistory:20170407222843j:plain

 

続きまして・・・

こちらの本丸の石垣を見てください。

石垣の造りが大分緻密になっていますね。先程、揚木戸門跡で見た石垣に比べると丈夫にまた登り難くなっています。

f:id:ehimehistory:20170407222919j:plain

 

そしてこの角の部分をよく見ると角の稜線が実に緻密に作られていて、石の積み方が下から1段目は右に長い石を、2段目は左に長い石を積み、交互に同じように最上段までこのように積まれていて、角の強度を守っています。

f:id:ehimehistory:20170407222948j:plain

 

更によく見ると最下段の石は斜め下向きに積まれ、最上段は水平に積まれていて、下から少しづつ角度を調整して積んであって、これで積まれた石の重力が一か所に集中するのを避け、分散するように造られているのですね。

頭の良い石工さんがいたのですね。

f:id:ehimehistory:20170407223018j:plain

 

こちらは乾櫓(いぬいやぐら)と野原櫓(のはらやぐら)ですが、この二つの櫓は400年前からこの場所に建っています。

400年前に正木城というお城から移築したもので、ここに座ってから400年になります。

その正木城にいつ作られたかは記録がないので分かりませんが、400数十年前のことでしょう。

今では2年ごとに内部の開放点検が行われますが、まだ大きないたみは見受けられないので、私はまだ100年は大丈夫かなと思っています。

この櫓はやぐらといいますが、もともと矢の倉だったんですね。

敵が攻めてきたとき味方はこの櫓に駆けつければ、すぐに戦闘態勢につくことが出来るように各所に作られています。

f:id:ehimehistory:20170407223115j:plain

こちらが乾櫓で、

 

 

f:id:ehimehistory:20170407223154j:plain

こちらが野原櫓です。

 

チョンミョンソク先生の箴言

 

世の中は「名誉・権勢・財物・外見・学歴」などを見て「価値」を計算する。

しかしこのようなものは永遠ではない。しばしだ。

 

f:id:ehimehistory:20170407223430j:plain

松山観光ガイドその26~四国名城松山城(10)屏風折れの石垣~

松山観光ボランティアガイド江藤です。

前回の記事はこちらです。

ehimehistory.hatenablog.com

 

10.屏風折れの石垣

 

この桜並木の通路から右手の広場には「よしあきくん」人形があり、

ここから天守を見上げるのがビューポイントの3番目になります。

f:id:ehimehistory:20170407184511j:plain

↑よしあきくんです。

 

 

この広場の左手には東屋があり、ここから石垣を見下ろすことができます。

この石垣を上から見ていただくと石垣の「そり」がよくわかりますね。

石垣の下部はゆるいそりですが上部はそりかえっていますね。

敵が攻めてきてこの石垣を登ろうとすると下部はなんとか登れそうですが上部にいくと落っこちるように造られていますね。

 

f:id:ehimehistory:20170407184604j:plain

 

さらにこのお城の石垣は直角直線の組み合わせではなく「屏風折れ」の造りになっていて、この出っ張ったところから

こちらの引っ込んだところを狙い撃ちできるような構造になっており、これを「屏風折れの石垣」と呼んでいます。

f:id:ehimehistory:20170407184645j:plain

 

このお城は全周このような手の込んだ造りになっていますが、一度も使ったことはありません。

 

チョンミョンソク先生の箴言

 

三位一体が行われたら、世の中が止めても、不信しても、患難と迫害があっても、

必ず壮大に成される。

 

f:id:ehimehistory:20170407184730j:plain

松山観光ガイドその25~四国名城松山城(9)井戸~

松山観光ボランティアガイド江藤です。

前回記事はこちら

ehimehistory.hatenablog.com

 

9.井戸

太鼓門からすぐに本丸広場に出ます。

ここの大きな松の下がった枝の先端に天守閣が見えるこの構図がビューポイントの2番目になります。

f:id:ehimehistory:20170407184017j:plain

 

すぐ右手に古い井戸が見えます。

この井戸は直径が2mですが深さが44mあると言われています。

ビルの高さに換算すると11~12階位の高さから水を汲んでいたことになります。

f:id:ehimehistory:20170407184104j:plain

 

この広場は海抜132mの高いところにありますが、それにしても400年前よくもまあ44mも掘ったものですよね。

今でも44mも掘る工事は大工事になりますが、400年前そのような技術があったのでしょうか。

そこで私なりに調べてみたんですが、この井戸は掘ったんではないことが解りました。

もともとこの天守を作る前この山は2つの峯があってこの辺は谷だったんです。

天守を作るためにこの2つの山を削ってこの谷を埋め、上を平らにして天守を作ったんです。

その谷を埋めるとき谷の一番底の部分に小さな泉があり、その泉の回りに石垣積んで周りを埋めていくのを繰り返し最上部まで石垣を積んでこの井戸ができました。

底の泉が残ったんですね。今でも水があると言われています。

 

 

チョンミョンソク先生の箴言

 

心臓、腎臓、肝臓、胃腸、脳、目の中、耳の中、口の中、

全て神様は「顔」に劣らないように、美しく神秘的に創造しておかれた。

 

f:id:ehimehistory:20170407184139j:plain

次回記事

 松山観光ガイドその26~四国名城松山城(10)屏風折れの石垣~

ehimehistory.hatenablog.com

 

松山観光ガイドその24~四国名城松山城(8)太鼓門~

松山観光ボランティアガイド江藤です。

前回の記事はこちら

ehimehistory.hatenablog.com

 

8、太鼓門

 

筒井門から一段登ったら太鼓門が待ち構えています。

左右は太鼓櫓、巽櫓が続いており敵の侵入が困難なつくりになっています。

太鼓門も戦災で焼けて戦後に復興したものです。

f:id:ehimehistory:20170407182718j:plain

 

太鼓門も他の門と同じく門扉を閉めたとき、かんぬきを通して扉が開かないように大きなカギになっています。

 

f:id:ehimehistory:20170407182821j:plain

このかんぬきを漢字で書くと門がまえの中に一を書いて「閂」という字になっています。

見たまんまの漢字になっていますね。

 

また、太鼓門は鉋(かんな)で木を削ったのではなく、長い斧(ちょうな)で削ったものです。

表面がでこぼこしているのが分かります。手を加えて加工したものなのです。

こちらもぜひ、直接触ってみてください。

 

f:id:ehimehistory:20170407182749j:plain

 

チョンミョンソク先生の箴言

<食べ物>もその時食べられなければ本来の味が変わる。

<仕事>もその時できなければ、仕事の味がなくなって、やらなくなる。

 

f:id:ehimehistory:20170407183112j:plain

次回記事

 松山観光ガイドその25~四国名城松山城(9)井戸~

ehimehistory.hatenablog.com

 

松山観光ガイドその23~四国名城松山城(7)三連門~

松山観光ボランティアガイド江藤です。

 

前回の記事はこちら 

ehimehistory.hatenablog.com

 

戸無門(となしもん)、筒井門(つついもん)、隠門(かくれもん)の3つの門が

連なって敵の侵入を防ぐ構造になっており、それぞれの門に役割が有ります。

戸無し門はその名の通り扉のない門で、本来扉があってこそ門なのに、わざわざ扉のない門を作ってあります。

 

f:id:ehimehistory:20170406173956j:plain

 

ご覧の通り全く戸がありません。

 

これは敵が攻めてきたときに、敵を呼び込むために扉のない門で誘導している訳です。

敵としてはこれ幸いに攻め込むことが出来るが、すぐ隣にこの松山城で一番大きな筒井門があり、常時門が閉められていて敵は行き止まりの袋小路にはいってしまいます。

 

f:id:ehimehistory:20170406174152j:plain

 

これが筒井門です。現在は観光客の皆さまが通れるように常時開いていますが、

当時この門は常時閉められていました。

 

このとき進入路からは見えないように作られている隠れ門から中の守備隊が扉を開けて出てきて袋小路の敵を全滅しようという作戦で三連門が作られている訳です。

 

f:id:ehimehistory:20170406174348j:plain

 

こちらが隠門です。ちょっと奥まったところにあるので、確かに敵にも見つかりにくいですね。

ところで、この門の両側の柱をよくご覧ください。片方は400年前のまま、片方は4年前に修復されたものです(^^;;

見た目そっくりにしてありますが・・・触ってみると一発で分かります。

是非、実際に触って確認してみてください。

 

こちらは、筒井門の扉です。

f:id:ehimehistory:20170406175254j:plain

 

大きく立派な扉ですが、一枚板で作られています。

戦後、不審火で焼けてしまった為に復元されたものですが、その当時皇居建て替えの

為に育てられていた木が使われたといいます。

皇居の建て替えが必要になった時にどうするのか・・・私はちょっと心配しています。

 

チョンミョンソク先生の箴言

 

お金よりももっと貴重なものは「時間」だ。

<時間>があってこそ、「お金」も稼ぎ、「成功」もする。

<時間>があってこそ、「稼いだお金」も使い、「名誉」も享受する。

 

f:id:ehimehistory:20170406175807j:plain

次回記事

松山観光ガイドその24~四国名城松山城(8)太鼓門~

ehimehistory.hatenablog.com

 

 

松山観光ガイド番外編~子規と野球~

松山観光ボランティアガイド江藤です。

 

坊ちゃんスタジアム」の話が出てきましたので、

ここで正岡子規と野球についてお話ししておきます。

あの「坊ちゃんスタジアム」には子規の像があり子規が野球殿堂入りしたことを証明する資料が展示されています。

 

f:id:ehimehistory:20170309143315j:plain

(こちらは道後温泉駅前広場の子規像です)
 

子規が野球に出会ったのは明治の頃、アメリカからベースボールがつたえられた頃彼は学生だったんですが、

すぐにベースボールに夢中になり「野球」と書いて「のボール」と読ませました。じつは彼の幼名が「升」(のぼる)だったことから名付けたものです。

そのほかに「投手・捕手」「打者・走者」「直球・四球」などを命名し、この言葉は今日まで使われており、

特に新聞・雑誌には彼の活字が使われており、今日でも彼の言葉は生きているというわけで殿堂入りしたわけです。

 

チョンミョンソク先生の箴言

各自成功できる「自分という材料」がある。

しかし目標を決めなさい。構想しなさい。設計しなさい。考えなさい。

そして行ないなさい。

f:id:ehimehistory:20170403165827j:plain

松山観光ガイドその22~四国名城松山城(6)展望台~

松山観光ボランティアガイド江藤です。

前回の記事はこちら

ehimehistory.hatenablog.com

 

6.展望台

戸無門、筒井門、隠れ門の説明に入る前に展望台から見下ろしてみましょう。

まず右手奥は瀬戸内海です。また、左手奥は石鎚山です。

天気の良い日には山から海まで見渡せてそれはきれいです。

f:id:ehimehistory:20170403163632j:plain

 

f:id:ehimehistory:20170403163702j:plain

石鎚山は標高が1982mあって大阪以西では一番高い山です。

山が好きな方にとってはたまらない山だそうです。

この松山城松山市のちょうど真ん中位に位置し、

どこからでもこのお城が見られるように威厳をほこっています。

松山市は人口が52万人位の中核都市ですが四国の中では一番大きな都市です。

真下に高島屋の観覧車が見えますが、この高島屋の前から左手の道後温泉まで

市内電車の間をぬって「坊ちゃん列車」が走っています。

 

f:id:ehimehistory:20170223154445j:plain

 

明治の頃今の電車の前の時代ですが市内をミニSLが黒煙をはいて走っていました。

そのころ夏目漱石が松山に赴任し、下宿の愚陀仏庵から道後温泉に行くときにこの列車に乗ったことを

小説「坊ちゃん」に書いたことから「坊ちゃん列車」と呼ばれるようになりました。

ぜひ「坊っちゃん列車」に体験乗車をお勧めします。明治の頃が体験できると思います。

観覧車の右手奥には丸い形の大きな建物が見えますが「坊っちゃんスタジアム」という野球場です。

以前はこのお城の下に市民球場というのがあったんですが10数年前にあちらに移転しました。

そして「坊ちゃんスタジアム」と名前が変わりましたが松山の球場らしくなりました。

 

チョンミョンソク先生の箴言

 

<永遠な価値を持った引き上げ>は、「肉」が人生を生きる間、一生もって生きるし、

「霊」が永遠に持って生きるようになる。永遠な価値だ。

 

f:id:ehimehistory:20170403163810j:plain