読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛媛観光案内!松山の歴史探放記

この道20年!松山ボランティア観光ガイドが松山のおすすめスポットと裏話を発信します!

松山観光ガイドその11~道後温泉本館・西側正面~

松山観光ボランティアガイド江藤です。

前回記事はこちら

ehimehistory.hatenablog.com

初めての方はこちらをどうぞ

ehimehistory.hatenablog.com

 

さあ、いよいよメインの道後温泉本館に到着しました。

 

道後温泉本館のたたずまいは素晴らしいでしょう。

今から120数年まえに建て替えられた建物で国の重要文化財に指定されています。

最初に左側の3階建ての建物を作り次第に建て増してこのような形になりました。

屋根瓦の頂部は道後温泉のお湯が沸き出ている様を表している湯玉です。

 

f:id:ehimehistory:20170311102806j:plain

 

入口の上に道後温泉と書いた看板がありますがこの看板は

戦後昭和35~45年にかけて小説「坊ちゃん」が5度にわたって映画化されました。

毎回配役が変わってこの道後温泉も舞台として使われました。

その第1回目の撮影のとき映画会社が作ってはめたのがあの看板で、

それからずーとそのまま使っています。

でも何かなじんでいますね。

それ以前は入口の両側にたっている道後温泉と書いた行灯だけでした。

 

f:id:ehimehistory:20170311102839j:plain

 

道後温泉本館年間80万人以上のお客様が利用していますが、

ミシュラングリーンガイドにも三ツ星の評価を得ており、最近外国からのお客様も増加してきています。

入り口の横に値段表があって利用料が4段階になっています。

どのコースにはいっても温泉の泉質は同じですが休憩室が違います。

又新殿の見学コースもありますのでおすすめです。

 

f:id:ehimehistory:20170311102912j:plain

 

このようにガイドしております^^

 

チョンミョンソク先生の箴言

 

<考え>は「観念」を生むが<実践>は「実体」を生む。

小さくても「実体」を得なければならないし、

大きくても「実体」を得なければならない。

f:id:ehimehistory:20170311102935j:plain