読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛媛観光案内!松山の歴史探放記

この道20年!松山ボランティア観光ガイドが松山のおすすめスポットと裏話を発信します!

松山観光ガイドその29~四国名城松山城(13)大天守~

松山観光ボランティアガイド江藤です。

前回記事はこちら

 

ehimehistory.hatenablog.com

 

13.大天守

 

それでは大天守に入ります。

この地下蔵の入口から中に入り、ロッカーに靴を入れ、スリッパをはいて階段を上ります。

f:id:ehimehistory:20170414115725j:plain

 

木製の階段は傾斜が50度あって登るのが大変です。昔は女性は天守に登らなかったので、男だけの社会ですからこれで良かったのですね。

一段登ったところが一階で下は地下蔵でした。

一階の回廊をまわりますが、松山城の歴史が展示されています。

 

f:id:ehimehistory:20170414115807j:plain

こちらは城下町の地図です。

よく見ると、住んでいた人の名前が書かれており、住所録のようなものと言えるでしょう。さらに詳しく見ると、名前が書かれている向きがいろいろになっています。

これはその家の玄関の方向を示しているそうです。

 

 

f:id:ehimehistory:20170414120010j:plain

こちらは加藤嘉正が着用した甲冑です。腕に刀で切られたような跡が残っていますね。

 

 

f:id:ehimehistory:20170414120137j:plain

こちらは、本壇の設計図です。松山城天守閣は三層(三階建て)になっていますが、その時の設計図です。一層ずつ設計図が重ねられていますね。私はこれを3D設計図と呼んでいるのですが、当時としてはかなり画期的だったのではないかと思われます。

 

チョンミョンソク先生の箴言

 

若者たちが<新しい時代>を探し、新しく行く。

年をとったら、若者たちの手にひかれて行かなければ<新しい時代>に行けない。

 

f:id:ehimehistory:20170414120451j:plain